市場の見学

アーカイブ

一昨日は出張先から夜遅く帰宅した。お互いバタバタしておりまったく土日の予定をつかめていなかったのだが、嫁さんが大阪市中央卸売市場見学の予定を組んでいたようで、朝早く市場に子供たちをつれて見学に向かった。

市場は水産、野菜、果物等で棟が分かれており、今回は果物、水産の見学が中心。見学では実際に現場で扱っている商品を見ながら卸売の仕組みや商品についての説明があった。

果物棟では山梨県の果物についての説明があり、すももをお土産としていただいた。そして石川県産スイカはその場でいただいた。スイカは今は石川県が旬で生産する場所が北上すれば旬の時期も遅れるそうだ。市場にはたくさんの地方から果物が届いており、周りはフォークリフトで品物を運搬する作業で忙しそうにしていた。

水産棟ではすでにせりは終わっている時間帯で、扱っている魚介類の説明に加え、直接、その場でほしい品物を安く購入できたりといった感じ。さけを扱っているお店で聞いたのだが、回転寿司の「サーモン」とか、スーパーで売っている刺身用の「サーモン」は日本では淡水魚のイメージが強い「ニジマス」を海で養殖したものだとのこと。

市場の見学が終わったら料理教室。お魚クイズや徳島産地のすだちの説明を受けた後、サワラを使った料理などグループに分かれてお料理作り。作った後は食事。

色々体験できるツアーで子供たちにもよかったのではないかと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました