子供たち

それにしてもお盆休み、と言っても自分がゆっくり心休める余裕はない。

 

今日からは広島の実家に帰省する予定である。

 

弟家族が実家近くにいるので、子供たちも一緒に遊ばせることになるのだが、今のところどこに行くかなど何の計画もできていない。

 

昔は嫁さんが長期休暇の際、綿密に予定を立ててくれたが、今年は長男の中学受験のことで頭がいっぱいだ。

 

海へ連れて行こうか、川の方がいいか。暑いので家でまったり過ごせばよいのか、等。

 

単身赴任して一旦、大阪の自宅に戻り、昨日の次男のピアノ発表会までは大阪で2日間、過ごしたが、長女との遊び相手だけで精一杯。

 

休みでパパがいるのだから当然かもしれないが、長女は「公園行きたい」、「自転車したい」、「将棋したい」、「プールに行きたい」、等など数えきれないほど一緒に遊んでモード全開である。

 

次男はロードレース用の自転車を最近、欲しがっている。

 

泣き虫ペダル、というアニメにはまったようだ。都会で走り回るのは危険なのでやめてほしいが、サイクリングロードがある公園や田舎道であれば、走り回ったら楽しいのではないか。

 

長男は中学受験なのだが、テスト結果にすぐに影響されモチベーションを落とすところがある。

 

昨日はかなりきつく叱ってしまったが、ストレスを抱えていることは理解しているつもりだ。

 

塾から大量の宿題があって本人もつらいと思うが、この夏を乗り切れるかどうかが合格のカギを握るのだろうから、受験したいと思うなら頑張るしかない。

 

勉強する過程で学問を学ぶ喜びを感じとってほしいと思う。

 

中学受験で学ぶ内容は、自分が知っている内容もあるだろうが、小学生の頃、学んだことがない内容だし、これから学ぶ機会は決して訪れることはないだろうと思う。

 

ただ嫁さんは実家にも帰らさないくらい、頑張らしたいと思っているようだが、自分としては実家に帰って、両親に顔を見せてほしいと思う。

 

今年のGWも長男は帰省しなかったので、両親は孫の顔を見たがっているはずだ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる