子供たちの就寝時間

7月まで休日は勉強させてもらう時間が多く、子供らの面倒など妻には迷惑をかけた分、休日は基本、休んで長女の面倒をみることを優先している。

長男の勉強や長男、次男のピアノ練習の面倒を見たりで妻が忙しいので自分は自然と長女と一緒にいる時間が長くなる。

一緒にいるとどうしても甘やかしてしまうことも多くなるので、少しずつ成長に合わせて変えていなかければならないと思う。

まず就寝時間。いつも長女よりも年上の次男を先に一人で寝かせ、次男は自分ばかりなぜ先に寝なければならないのか、とすね気味。

確かに本来でいえば長女を先に寝かせなければならないのだが、マンツーでどちらかの親が添い寝しなければ眠れず、一緒にいつまでも遊びたがり、また歯磨きも嫌がるのでどうしても遅くなる。

こうしたことが続いていたので、今日から長女を早めに寝かせるようにした。遅くとも22時までに寝るのがあたりまえだと思うのだが、最近は22時過ぎてもだらだらと遊ばせてしまうこともあった。

まずは22時までには寝る。できれば21時半を目指したい。自分が出張等で外に出ている時は今の状況であれば妻一人で全員の面倒を見るのはしんどいだろうから早く長女を寝かせるのは難しいかもしれない。

元々、うちの子はみな、赤ちゃんの時から睡眠時間がずば抜けて他の子より短く、夜泣きが酷かったのだが、早めに寝て朝、早く起きるよう働きかけていきたい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる