フランクリンの言葉

「明日為すべきことは、今日これを為せ」

頭が痛い名言である。私は、いつも睡眠の質によって仕事のパフォーマンスが変わってしまう。

頭の働きが悪い時、特に言葉にする能力や考察能力がめっきり落ちている。昼休みに軽く睡眠を取ると改善するケースもあるが、ダメな日は一日中ダメなケースの方が多い。

こんな時は仕事をきっちり進め、沢山こなすより、早めに帰って次の日に備えた方がいいのではと思う。

毎日が頭がスッキリして自分を発揮できる人はどの位いるのだろうか。

仕事に期限があるなら今日、為す事に執着すべきだが、毎日実践するのは効率が悪いとも思われる。

そういう意味で、怠けるつもりはないが、この名言通り実践し続ける事に執着する必要はないと思う。

ただ心構えとしては大切だ。フランクリン自伝を読んだが、フランクリンの節制、勤勉さとその実践には尊敬させられる。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる