1間(いっけん)

今日、現場仕事でテントの大きさを聞かれ、何気に覚えていたので2間×3間と答えた。

実はこの「間」という意味が分かっていなかったのが平然を装った。

この1間(いっけん)は1.81mのことだそうだ。

実は1坪という広さは、1辺1.81メートル(正確には1.8181818…と際限なく続く)の正方形で、約3.3平方メートル(平米)。そして、この正方形の1辺こそが「1間/一間(いっけん)」(181.8センチ)ということになるようだ。

では1坪の語源は?

日本独特のものであり、その由来は奈良時代にさかのぼるという。

実は奈良時代の養老令(行政に関する規定)の中に、「長さ30歩、幅12歩の広さを1段とする」といった記述があるようだ。この1段は360歩を意味し、1歩四方は約1.8m四方をさしていて、ここから「1歩=ヒトツホ→ヒトツボ」と読まれるようになり、「一坪」へと言葉が変わっていったと推測されてるとのこと。

考え出したらきりがないが、建築業界などではよく使われる単位のようだ。

これを機によく覚えておくようにしよう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる