真冬並みの寒さ

日常的なこと
アーカイブ

早朝、5時過ぎだろうか。なぜか早朝から家の前で電柱の取り外し工事をやっていたたため目を覚ましてしまった。

早朝にしなければならない理由があったのだろうが、騒音防止の観点からも本来、この時間にするべきではないと思うが…

寝不足な中、7時過ぎに長女が部屋にくる足音が…

すでに目は覚めつつあったが長女が早く起きて!と連呼するので起きてリビングへ。

次男も長女の声で目を覚まし、長男は「うるさい!」と叫ぶ…

最近、長女な寝るのは遅いし、起きるのも早い。体力がついてきたから睡眠時間は増えると思うのだが最近は違う。

今日は休日出勤するべきかどうか迷ったが、睡眠不足で頭が働かないうちは仕事すること自身が無駄になると考え、やめた。

長女が「一緒に遊ぼう」と繰り返し言ってくるので朝食を食べた後、大阪城公園へ向かった。

いつものヘンシンバイクで大阪城公園を乗り回し、遊具がある場所でスライダーを何度も乗った。今日はとても寒い。真冬なみの寒さを感じる。

大阪城公園は外国人観光客の方やランニングしている方、子ずれの方など色々な方が集まっていて、昔に比べてほんとににぎやかになった。やはり訪日外国人客の数が増えているのだろう。

参照:日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数(年表)」よりインバウンドらぼが作成

家に帰って会社の携帯を見ると昨日、会社の同僚から着信があったことに気づいて連絡してみるとすぐに電話に出た。

彼は現場で仕事中だったようで、来週から始まる現場の作業内容を電話で確認し合う。

彼はいつも明るく、前向きで人の悪口を一切、言わない。いわば人と人の間に介在して頑張る潤滑剤のような人だで、とても助けられている。彼のような人がいるから会社は成り立つのだと感じる。

彼の明るい言葉に感謝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました