抜け落ちた顧客目線

昨日は宮崎へ出張。客先への報告が遅れたことや諸々あり、叱責された。顧客目線が完全に抜け落ちており、他人任せにしていたつけが回った格好だ。

叱責という言葉を使うのがよいのかわからないが、ねちねち怒られた、という感じか。言われることはごもっともだし、こちら都合のことばかりを要求しているように見えかねない。

それでも謝罪を繰り返し、なんとかこちらの要望を叶えるために色々、提案いただいた。感謝するるばかりだ。

一緒に来てくれた先輩社員の方にも感謝だ。一生懸命フォローしてくれた。

そして今日は休日出勤、昨日は長女に朝方起こされ、今朝は別に起こされたわけでもないのだが5時過ぎに目が覚め、中々そこからは眠れず浅い睡眠。それでも8時過ぎまで寝たのですっきりしたのか、その後、休日出勤した後の業務は好調。

休日なのでじっくり考える仕事を前に進めることができた。

強度設計上、悩むことがあり、以前、受講した研修の先生にメールでしつこく質問してきたのだが、丁寧に返信してくれ、また社内の関連部門の方々にも協力いただき、なんとかできそうだ。

この件も寝かし続けたクレームなので非常に前述の件をふまえるとまずい。

やはり普段から考える時間を作り、本質的に重要な業務を疎かにしないことが大切だとしみじみ感じた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる