実家へ

アーカイブ

昨日はすっきりと目が覚め、2階のリビングで勉強をしようとしたところ、20分もしないくらいで長女がパパ~と呼ぶ声。

最近は長女はだいたい8~9時間は寝ている。ただこの日はちょっと寝たりなかったのか、甘えん坊でべったり。ひげを剃りに1階へ降りたりすると怒り出す。

ちっとも離れることができず、抱っこしながらご飯の準備。今日がたまたま実家近くで仕事があるので実家に前泊予定だったが、仕事も溜まっており、午後から仕事に行く予定にしていた。

嫁さんからは出張に行くと大変なのだし午後から仕事に行くのであれば、午前は長女の面倒と昼ご飯は作ってくれ、と半ば強制的に言われたので抗することなく午前は長女とブロック遊びや飛行機ごっこ(子供を持ち上げて走り回る)、お人形ごっこ等をして遊んだ。そしてお昼ご飯はインスタントラーメンに野菜を入れただけなのだがみんなのご飯をきっちり作って洗い物も済ませて仕事へ。

朝すっきり目覚めたのだが長女とのごっこ遊びで疲労し、午後から仕事をいくもあまり能率が上がらない。実家では食事を準備してもらうつもりでいたのであまり遅く会社を出るわけにはいかない。

結局、中途半端に仕事を残して出てしまうことに。

実家では両親が待ってくれていた。今年は2人とも風邪を引き、長引いているようで心配だ。医者にも行って薬ももらっているというので大丈夫だとは思ったが、医者も変えたら言うことが変わる可能性もあるので長引くようであれば医者を変えて意見を聞いてもらったらどうかと伝えた。

いつも実家に帰る時は家族で帰るので、あまり込み入った話はできないのだが、こういう時はゆっくり話もできる。かと言って深入りした話ができるわけでもないのだが、子供の様子や自分のこと、親のこと等、色々と状況を思い知ることができる。

子供もおらず、仕事もない生活というのは時間もたくさんある。家でもテレビを見る時間もないのだが、実家ではずっと落ち着いてテレビを見ることができるのだ。久々に両親と経済や政治関係のテレビ番組を見てのんびりした。

両親はオリンピックもかなり見ていたようで、今回の平昌オリンピックの開会式、閉会式は映像技術を駆使した面白い内容だっとのことで録画した映像を見せられた。確かに見ごたえがある内容だった。オリンピックは通してじっくり見たらとても印象深く記憶にも残るだろうと思う。あまりスポーツの祭典で政治の話を持ち込みたくはないが、北朝鮮の金正恩氏の実の妹をオリンピックで韓国に派遣したことは今後の南北関係改善へ大きく前進したことは間違いなく、意義があるオリンピックになるのではないかと思う。

父親とは政治話で夜遅くまで討論(というほどのものでないが)した。歳を取るにつれ、両親とより専門性あるいは広い知識範囲で意見や会話をするようになったのだが、感心するのは両親の読書力。2人ともよく本を読むし、知識が広い。

今でも両親が読む本のスピードに追い付けていないのではないかと思う。母親は欠かさず日記も付けており、文章力もある。昔先生をやっていたし、父親は今でも地域活動に精を出しており、努力家だ。

歳を取ってもまだまだ背中を見せてくれる両親だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました