四季より「夏」第3楽章 (ヴィヴァルディ)

音楽
アーカイブ

四季より「夏」第3楽章。

最も有名な「春」よりこの「夏」の方が個人的には好きだ。

第3楽章では夏の厳しさが、雷鳴とどろく嵐となって劇的な自然を演出する。

四季は耳馴染みがある名曲ですので意外かもしれないが、四季の楽譜が再発見され出版されたのは第2次世界大戦後の1949年。戦前のクラシックファンはこの名曲「四季」の存在すら知らなかったということになる。

「四季」より「夏」第3楽章 ヴィヴァルディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました