上野東京ライン

アーカイブ

昨日、小山方面で仕事があったので上野東京ラインに乗った。

乗った電車が快速だったため駅と駅の間の乗車時間が比較的長く、そして座席シートが温かく心地よかったため軽く睡眠をとるにはちょうど良かった。

一昨日の晩はまだよく眠れた方だと思うのだがすっきりはしなかったため本を読む、あるいはスマホを眺める元気もなかった。

客先との打ち合わせ。慣れない営業との業務だが人のいいお客さんのためあまりにも足りない準備でも文句一つ言われず感謝。

だがどんなに知識が足りない、あるいは慣れていないと言っても、相手が言っていることを理解し、記憶に残すことがなんともできなくなっている。

ノートにメモらないと打ち合わせした後、結局、何を話したのか全く別の人に伝えるのが困難になる。だから打合せの時にはとりあえず相手が言っていることをメモるのが精一杯。

会話のキャッチボールが難しい。

だから一旦、その場では何となく会話したことを記録しておいて、後でメールのやり取りで改めて情報共有して認識を同じにすることが必要不可欠となる。

まずキャッチボールの前提となる知識を増やさなければ。

会社に戻る際にも上野東京ラインに乗った。帰りは各駅停車で駅で停車する度に開いたドアから流れてくる冷たい風で目を覚まさずにはいられなかったが少し眠ることができた。

会社に戻ってからは睡眠をとったからか調子よく仕事ができた。

だがメールで宛先の会社名を間違えるという信じられないミスをした。

こんなミス、これまであんまりしなかったはずだがおかしい。

それにしても仕事のアウトプットの早さ、精度どちらにとってもここ最近、ダメだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました