一難去ってまた一難

先日の土曜、せっかく散々、ママを笑顔にするために家事を頑張っていたのだが、寝る前にママと大喧嘩してしまった。

きっかけは些細なこと。どうでもよいことだったはずなのだが、しつこくママに質問というか詰問するような言い方をしてしまい、ママをキレさせてしまった。

一難去ってまた一難。

自分も寝不足で少し頭が回らず、ママが言っている意味がよくわからなかったため、気になった些細なことに対してこだわり過ぎて詰問してしまった結果だ。

完全に自分が悪いと思う。

ママは一旦、キレると元通りの仲に戻るのには数日かかる。

また過去のけんか事は自分と違って必ず記憶に残すので、喧嘩のきっかけとなる導火線はますます短くなるばかり。

案の定、今日は朝から不機嫌。喧嘩した後の夜はママは眠れず、寝不足気味になるのだろう。

今日は朝から不機嫌。

次男は塾。長男は家でまったり。

自分は長女と大阪城公園へお出かけ。

公園内を散歩していたら、いつもは自転車で走り、横目で見ていたピース大阪の建物が見えた。

建物の中に入ることができることなど全く想定していなかったので、何も気にせずに周囲を散歩していたのだが、建物の中に警備員がいるところを発見。

長女も建物に興味を持ち入ってみたいというので、中に入ってみることにした。

ピース大阪は、戦争と平和に関する調査研究や展示を行っている施設。大阪の戦時中における国民生活の様子、大阪空襲を描写した絵画の展示等があった。

戦争中における確かな記憶がここに残されており、自分が住んでいた場所の近くでこれだけの空襲があって亡くなられた方々が多くいたことを実感した。

展示を眺めていたら家にいる長男から電話が入り、まだ帰ってこないの?お昼ご飯は?との連絡があったのでそそくさと建物の外に出て、家に帰った。

お昼はマクドで済ませ、午後からは長女がお友達と遊びたいというので、あちこちの公園をまわってみた。

しかしお友達がいなかったため、あえなく帰宅。

その後は長女とまったり家で過ごし、夕方からは次男の塾の夕食弁当をほか弁で購入して届け、帰宅後は夕食のためたこ焼きの準備。

長女はチョコをたこ焼きに入れるのが定番。具はたことチョコだけだったが、意外とおいしくつくることができて満足。

長男も長女もママもよく食べてくれた。

お昼寝し、お腹がすいていたママの食欲を満たし、ようやく少しいつも通りのママに戻ってきた。

仲良くできるように意識して言動に気を付けるようにしよう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる