あっという間の休日

アーカイブ

昨日は午前中は長女といつものようにヘンシンバイクでお散歩、そして大きな公園でたくさん遊び、一旦、昼前に帰宅。

そして午後からは学校説明会へ行くため長男と2人で学校へ出かける。

説明会は3回目の経験だが、この学校は自宅から比較的近いところが魅力的に感じる。

帰る途中、長男に意見を聞いてもどうでもいい感じ。というより比較しても選べるくらい突出した違いがないし、わからないようだ。親でもわからないのだからそんなもんだろう。

私立の中高一貫校に行くのであれば、何かを仲間と一緒に集中してやり遂げる喜びを経験してほしい。特にチームスポーツで仲間と一緒に切磋琢磨するのもよいし、色んな人間を深く知る経験を高めてほしい。

個人的には公立でも十分、楽しめると思っているし、私立にこだわることはない。ただ、自分が経験したことがない分、素晴らしい教育や環境を与えられた時、どのように変わるだろうか、ということは言える。

ただ環境は与えられてもそれをどう、捉えるかは自分次第。自分も高校で勉強疲れを起こして大学ではほとんど勉強しなかった。

だからもし受験に受かったら、中学では多少、勉強しなくてもほかのことに熱中していればよいとも思う。

そして今日は休日出勤。結構、集中して進めることができ、有意義であったが、嫁さんには迷惑をかけた。

帰ってからトイレ掃除、お風呂掃除をするようお願いされたので、当然、文句も言わず掃除にいそしんだ。

あっという間に時は過ぎるが、公私共々やりたいことがたくさんある状態は幸せだということだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました