Wasted Years (Iron Maiden)

シンセサイズドギターを取り入れた「SOMEWHERE IN TIME」からWasted Yeas。

エイドリアンスミスが作曲したこの曲は、これまでのアイアンメイデンの曲とは異なる雰囲気。

近未来なイメージを持たせるCDのジャケットに合う不思議な異空間をイメージする音楽。

激しくなく地味な感じもする曲だが、何度聴いても飽きないし思わず口ずさみたくなるような、なじみやすい曲。キャッチーな音楽である。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる