高槻のアスレチック

今日は長女と高槻にある、フィールドアスレチックに行った。

3年前に訪れて以来。午前10時過ぎには現地に到着。

3年前は子供たち全員を連れて行ったのだが、その時は長女は4歳だった。

長女はお兄ちゃん達に負けじと、積極的にアスレチックに挑んでいたのだが、当然、できない遊具もあった。

今回はどうだろうか。

高槻にある、アスレチックには2つのコースがあり、遊具がそれぞれ25種類の史跡コースと35種類程度ある民話コースがある。

まず、史跡コースにチャレンジ。

はじめは慎重だった長女だが、段々調子があがってテンポよく遊具を楽しみ、お昼前には史跡コースを突破。

お昼は買っておいた、長女の大好きなアメリカンドックとおにぎりを食べて休憩。

おやつにかき氷を食べたら、次は民話コースに挑戦。

このコースの方が、史跡コースより若干、難易度が高い気もしたが、それでも長女は難なくこなしていた。

アスレチックを楽しんでくれていてうれしい。

民話コースも終え、最後にモノレールに乗りたいというので、予約した。

予約時間まで時間があったので、再び史跡コースをまわることに。

2回目は1回目より、さらに遊具をこなすスピードが上がったのだが、人数も増えていて、待ち時間も多く、それなりに時間がかかった。

2回目の史跡コースを終え、少し待ったらモノレールの時間。

モノレールは小さいトロッコに乗ってゆっくり進むといった感じなのだが、結構な急斜面を走るので、中々スリルもある。

モノレールを乗り終わったら、アスレチックを出て、近くの公園で虫取り、ボール投げをしてから帰宅。

携帯に長女の友達が家の近くの公園に遊びにいるとの情報が入っていたので、すぐに帰って公園へ。

長女の友達や少し上のお姉さん、お兄ちゃんらも混ざって追いかけっこが始まった。

もちろん、自分含めて長女の友達のパパも入れて。

真っ暗になるまで遊んで、もう18時だったので解散。

上のお姉さんお兄さん達が、「楽しかった~」と言って、「遊んでくれて、ありがとうございました。」と言ってくれたことが嬉しかった。

小学3年の子達、しっかりしてる。

長女は大満足だったようで、パパもうれしいし安心。

夕御飯は焼きそばとワカメの味噌汁をあわてて作って、そして明日は長女、ママと3人で釣りにいく。

準備もバタバタで不十分かもしれないが、早く寝よう…

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる