福井水島旅行

22日から3日間、長女の保育園仲間5家族で、福井県にある水島方面に旅行してきた。

目的はもちろん海水浴である。

初日は水島ではなく、水晶浜へ。

水晶浜は、敦賀半島の西側中央に位置し、白い砂浜にエメラルドのように輝く海水が寄せては返すビーチ。

途中、上州屋に立ち寄り、キス釣り用にゴカイを購入した後、水晶浜に到着。

我が家は寝坊のため遅刻していて、待ちわびていた長女のお友達らに合流。

他の家族の親たちは、我が家が持参していたタープを待ちわびていたみたいで、早速タープを設置。

とりあえず日陰を確保して、ママ達が日陰で休めることができるようスペースを確保。

そこを見届けたら今度は子供たちに合流して一緒に遊ぶ。

我が家は小学6年の次男と小学1年の長女を連れてきていたが中学2年の長男はお留守番。

他の家族の子供さんは年少さんから中学2年生まで参加。

子供たち同士で遊びながら、年下の子の面倒をみたり、親も子供たちが安全に遊べるよう、お互いの子供たちを面倒みていたり、とてもいい雰囲気。

天候にも恵まれて海水浴日和となった。

夕方はモリで魚を突きに岩場付近の魚がいるあたりに子供たちを連れて移動。

子供たちはシュノーケルで魚を探したりでとても満足していたようだ。

いい時間になり旅館に移動。旅館は水島に出船する場所からかなり近く便利な場所。

夕食を食べた後は駐車場で花火。いつも花火を買ってくれるパパ友が今回も沢山の種類の花火を準備してくれていて感謝。子供たちは最後まで花火を堪能していた。

次の日の早朝からのキス釣りに備えて早めに寝ようとしていたが、長女が歯が痛いと言い出し、慌ててドラッグストアを探して閉店ギリギリで痛み止めの薬を購入。

しかし長女は車に乗せ、出発した瞬間から寝てしまったため、薬は買ったものの与えられず…結局、自分が寝たのは11時過ぎになった。

そして早朝4時に駐車場に集合して近くの砂浜まで移動してキス釣りを開始。もちろん釣りは子供は抜きで親の有志参加者のみ。

アタリはかなりあるのだが、釣れるのはべらやガッチョ、チャリコが多く、中々キスが釣れない…

結局、キスは4匹のみ。他はキスを10匹以上釣ってる人もいて完敗…

2日目はいよいよ水島へ。

船で渡る必要があるため、荷物を準備していざ出発。

朝早くから結構な人が集まって、出船待ちの客たちで列をなしていて、タープや手こぎゴムボート等を運んでいたので移動するだけで大変…しかも水島に着いてからも砂浜を歩いて荷物置き場まで歩くのだから、移動だけでも汗ダラダラでくたびれてしまった…

子供たちは早速ビーチへ。ここ水島は福井県敦賀市にある小さな無人島で北陸のハワイと言われる絶景ビーチ。

確かに海は綺麗で眺めは最高。子供たちは早速ビーチへ。

自分はくたびれて早速、クーラーボックスの缶ビールをあけ、とりあえず落ち着く。

続けざまに3缶程あけてしまったので、なんだかまったりしてしまった。だが、いつまでものんびりしているわけにはいかず、子供たちの面倒をみに海へ。

金づちの自分ではあるが、小学生の面倒をみるくらいはもちろん泳げるので、フロートまでに子供たちを連れて行き、飛び込みをさせてあげた。

フロートはギリギリ足がつくかつかないかぐらいの深さだが、足がつかないと普通に溺れそうになるので、長居はしない。

水島はゴツゴツした石が砂浜の間に結構あるので、子供たちにとっては少し遊びにくい印象。ただ、その分、サザエやシッタカという貝が沢山とれて子供たちは喜んでいた。

その日は昼過ぎには旅館に戻り、少し昼寝をさせてもらった。そして夕食後はイカ釣りのため、近くの防波堤を探索。

しかし、防波堤には柵がつけられていて奥までいけないようになっている場所が多く、今回は防波堤の内側のスペースで少しだけ釣りをしてみた。が、エギを投げても投げても釣れる感触はなくあえなく断念…翌朝に備えることにした。

この日の夜は子供たちを部屋に集めて鬼滅の刃の映画上映会。企画してくれは保育園パパ友には頭が下がる。

次の早朝もキス釣り。今回は針につけるイシゴカイの長さを短めにして、かつあまり遠投しないようにしてみた。

するとそこそこキスが連れ10匹以上ゲット。ガッチョも食べられると聞いたので釣れた2匹を持って帰ることに。

3日目は気比の松原で海水浴。ここは釣り客もいたので、スペースの制約が、あったり、砂が歩いて痛く感じる粒度が粗い感じだったが、波があって子供たちが波を楽しめること、そして、シュノーケルでガッチョやキスが間近で見れるところがよかった。

子供たちはモリで一生懸命にガッチョを追いかけまわす。

キスは素早いのでモリでつくのは難しいが、ガッチョは砂の上でジーッとしていることが多いので狙いやすい。

シュノーケルでの魚観察は中々見ごたえがあった。欲をいえば、もう少し透明であればもっときれいに魚の泳ぐ姿もみれただろうと思う。

散々遊んだ後、近くの銭湯で体を洗った後、回転寿司屋に寄って帰宅。

子供たちは大満足で思い出に残る旅行になった。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる