異動に際して

アーカイブ

6月からの異動に向け、大阪にいる時間が残り少なくなっている。

東京での自らの業務の変化や対人関係の変化等によるストレスは当然発生すると思われるが、最も懸念しているのが共働きで大阪に残す嫁さんだ。

子供ら3人、お義母さんの助けを借りると言えども長男が中学受験を控えている。

一方で長男と嫁さんは心理的に衝突する可能性が極めて高い。

嫁さんは緻密な生活で完璧主義だが長男は基本、だらしがない。

しかし勉強はできる方だ。

4月から嫁さんが長男の面倒をみるとケンカが勃発するので自分が面倒を見ていた。

しかし異動を機に再び嫁さんが長男の面倒を見ることになる。

長男は自分で勉強はしようとするのだが、問題は苦手分野を克服するための徹底した復習だ。

目の前のテストに向けた勉強はできるのだが総合的な学力向上には親のフォローがかかせない。

東京で勤務した途端、ヘルプの電話がたくさんかかってきそうだ。

物理的に離れているからどうしようもない。

できることは週末、自腹で毎週、東京から大阪へ帰り、土日の間だけでもサポートするかしかない。

平日でも苦手分野や過去問の分析くらいは遠隔でも自分がフォローできることはある。

長男の勉強が自主的かつ嫁さんの面倒が長男の考えとうまくかみ合えばよいのだが。

色々、問題が起きることは目に見ている。今のうちによく話し合っておいた方がよさそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました