技術士の勉強

技術士の試験勉強、想定外に後半になってモチベーションが落ちてきたが、なんとか持ちこたえて取り戻したい。

弱い自分を認めた上で、今からでもできることをやろうではないか。

一発合格のツボの著者である山崎さんが著書の中で書いていた。

「継続が難しくなった時には、一旦止めることも考えて良い。再び始めれば良いだけのことなのだから、あまり厳しく考えることはない」

もともとスピードが遅い、回転力が低いことはわかっていたことだ。

なかなか技術ノートの自分なりの型が整わない。

でも整わなくてもよいのだ。発散と収束を繰り返す仮定の中で更新を繰り返し、生きた化石にならないようにすればよいのだ。

社会に貢献できるよう技術力を高める取り組みを継続しよう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる