妄想

昔に比べたら平日に家にいる時間が増えた。

ママはそこは理解してくれている。

次男の中学受験が終わればようやく一段落するのだが、どのような変化があるだろうか。

とりあえず仕事と自己研鑽重視にシフトしたいと思ったりするのだが、そう簡単にはいかないだろうか。

家で勉強しようとすると、とにかくママは勉強する=家事育児しない、と思われがちなので、そう思わせないような対応をとりたい。

単身赴任になったら、単身赴任先では楽をしているから、帰省したときは全てパパが家事育児っという流れになっている。

ある意味バランスを取るにはよい方法なのかもしれないが、決して単身赴任先で羽を伸ばしているわけではない。

むしろ単身赴任先で仕事や勉強に時間をとり、最善を尽くそうとしているだけなのだ。

もちろん、能率よく仕事や勉強を毎日することも難しく、疲れはててYouTubeをみることだってある。

中学受験が終わったら、家族とキャンプや釣りができるし、これまでよりは無理に帰らなくてもよいはずなのだから、単身赴任先では仕事、勉強に力を入れるようにしよう。

そして帰省時でも朝の時間でも有効に使って勉強でしるようにしよう。

精神的な強さと本気度合いが必要だ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる