単身寮に戻って

アーカイブ

千葉の単身寮に戻って久々の土曜日。

在宅勤務で2ヶ月程、実家で仕事をしながら家族との団らんを楽しむことはできたが、一方で技術士の勉強は十分できたとはいいがたい。

実家にいたら子供の相手や家事もあるし、技術士の勉強は後回しになる。いくら優先順位が自分にとって高いと思っていても、家族にとってはそうではないのだから仕方がない。

今週の月曜日の夜に千葉の単身寮に久々に戻り、2ヶ月分溜まった郵便物の確認もままならぬまま、次の日、会社に出社。

まだまだ人はまばらだが、さほど普段とは変わらない。だが、お偉いさんだけなぜかたくさんいて、なんとなく話がしづらい雰囲気。

打ち合わせ予定にしていたので、久々に面会しながらの打合せ。

やはり話がしやすい。お互い相手の表情を見ながら会話できるからか、なんとなく堅苦しい感じはなくなり、楽だ。

在宅勤務の限界も感じる。

リモートの会議は会話はできるがその場で話をし合う感じとは大きく違ってどうしてもよそよそしくなる。慣れたら違うのかもしれないがやっぱり違う。

今週はたて続けに山梨、千葉と出張。久々の出張で疲れた。一緒に仕事する少し上の同僚と車の中で建設的な議論ができた。

千葉の現場では重い荷物を持って背中が痛くなってしまい、金曜日はつらかったが、今はましだ。

そして今日は久々の単身での休日だったので朝から喫茶店に入って勉強。

駅前のベンチで参考書を読み、昼食をとった後、また喫茶店に入って勉強。

疲れて単身寮に戻ってからはだらだらと勉強。だんだん勉強が続かなくなる…

こんな調子ではダメだ、と思うが、集中できない。

夜は1人居酒屋へ。

なんのストレスもないはずだが、酒を飲まないとやってられない気持ちになっているのだ。自分には気付かないストレスをかかえているのだろうか。なんにもないはずなのに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました