仕事のちょっとした山場

昨日、無事に業務上のちょっとした山場を乗り越えた。

一昨日は寝不足な中、ぎりぎりまで資料作成で追い込み、ようやく完成させ、いざ、昨日、本番にその資料を使って説明しようとすると、ポツポツと資料にある誤字に気づいたりして困惑する。

説明時間が長くなりすぎたのも反省だ。

だいたいこういう重要な報告会の場で指示を受けることは当たり前の内容のことなのだが、実行することができていなことが多い。

言われていることは、簡単に言うと「品質問題を起こさないようにしてね」、「どう売っていくかを考えてね」ということなのだが、理屈を持って、だから品質問題を起こさないようにここまで考えつくして技術的な課題をクリアしています、とか、過去の失敗事例を生かしています、とか説明するプロセスはあるのだが、正直、考えても考えても十分ではない。

また売る方も、だから必ず売れます、というのを理屈付けすることは難しい。

難しいのだが、売るための方策を考え、少なくとも実行しながら方策を適宜修正しながら、販売部門と連携して事業に貢献していけ、ということなのだから、必ずやらなければならないことなのだ。

昨日は午前に報告会を終え、ホッとして、午後は報告会のため止めていた雑多な業務を一気に終わらせた。

ただ業務はやはり面倒だけど重要な仕事、結構たまって、進んでいないことが多いので、来週からはその根っこに手を入れて業務を前進させていきたい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる