二度寝の効用

日常的なこと
アーカイブ

ここ最近、朝5時台に目が覚め、もう一度寝るとすっきり頭が冴える。

二度寝しようとしてもできないこともあるが、二度寝ができた場合の方が明らかに頭がすっきりしている。

日本人は概して睡眠時間が短いという。日本人の睡眠平均時間は「7時間43分」とのことだが、ほんとにされだけ長い時間皆さん寝ているのだろうか。

 

 

出典:Society at a Glance 2009(OECD)

 

 

子供や若い方を入れたらそうかもしれないが、私にとっては6時間寝れたら御の字である。

仕事や家庭の事で用事がたくさんあり、眠れないというならまだ仕方がないが、まずそんなに長い時間、眠ろうと思っても眠れないのだ。

年を取ると寝るのに必要な体力も減り、眠れなくなるという。

男性は早期覚醒してしまい朝方化しやすく、女性は入眠困難になりやすいという。

男女差が生じる理由はわかっていないらしいが、今のところ、嫁さんより先に自分が朝、起きていることは紛れもない事実である。

二度寝することで、抗ストレスホルモン「コルチゾール」がたくさん分泌されるという。

コルチゾールはストレス耐性を担うホルモンで、目覚める1~2時間から急激に分泌が盛んになるそうだ。

コルチゾールの分泌によって、心はウォーミングアップし、「今日のストレス」に備えるらしい。

二度寝することによってコルチゾールの分泌はさらに続き、入念なウォーミングアップをすることになり心は凹づらくなるとのこと。

また二度寝の効果は他にもある。二度寝をしているときの脳は、リラックス効果を促すアルファ波の影響が強くなり、脳内麻薬の一種「エンドルフィン」が分泌される。

エンドルフィンはゆったりした気持ちよさを誘う。神経を興奮させて気持ちよくなるのではなく、幸せ感を高めてくれるそうだ。

話は変わるが、なぜか今朝、電車を乗りながら神戸のきれいな海を眺めている夢を見た。

現実的には考えられないほど綺麗でリゾート地のような雰囲気であるが、神戸の街に対する期待からであろうか。

関西の街は概して海に近い。仙台で育った自分からすると、関西の主要な都市は海に近い場所が多い。また車で走れば田舎へも簡単にたどり着けるところもいい。

話がそれたが、率先して二度寝しようと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました