クリスマスの日

アーカイブ

先日のクリスマスの前夜、長男、次男は寝る前にサンタへの手紙を書いたり、サンタが子供部屋を開けた時に音を鳴らすような仕掛けを作ったりしてサンタが来るのを待ちわびていた。

去年もサンタに手紙を書いたり何故かお供えしたりして、親がサンタからの手紙を書いておいたりと、毎年、クリスマスの朝までの子供達との掛け合いが楽しみなのだ。

今年は長男がサンタはパパやママだろうと疑って半信半疑でいたので、今年はどうかな~…と思っていた。

夜、中々寝ず、12時を過ぎても寝ずに兄弟でぺちゃくちゃ話をしながらサンタを待つ子供達。嫁さんが何度も叱っても寝ないので、朝、どうせ寝てるだろうから朝、プレゼント置いておく、と嫁さんに言って寝たのだが、なんと自分が寝坊して子供達が先に起きてしまう…!

子供達に慌てて、夜遅くまで起きてたからプレゼント渡すことできなかったんじゃないっといいつつ、子供達が下の部屋に移動した瞬間、しれっとプレゼントを気付くか気付かないか微妙な場所に置いておく。

そして、子供達にサンタは必ず忘れずにプレゼントくれるはずだからしっかり探したら、っと声をかける。

子供達は改めて部屋に戻ってプレゼントを発見。前代未聞の失敗をなんとか無事にクリアし、会社へ。毎年プレゼントをゲットする瞬間をビデオで録画するのだが今年はできなかった!

それにしてもまだまだサンタの存在を信じてくれてるかわいらしい子供達である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました