お好み焼き

夕方から次男、長女とお好み焼き作り。

作ると言ってもお好み焼き粉、卵、豚肉、そば、キャベツしか使ってないし、そう難しくない。

しかし子供の前で豚肉をフライパンで炒める前にお好み焼き粉や卵に水やキャベツを混ぜたボールの中へ入れてしまう失敗…次男に直ぐに指摘され、生の豚肉をボールから回収…

豚肉は若干、生地付きになったがしっかり炒めて味付けし、ボールに入れ、生地をホイッパーでかき混ぜるのだが、これを次男、長女で取り合いになりケンカ…

次男が折れてくれたが、結局、長女だけではかき混ぜられず、次男も手伝ってくれた。次男はフライパンに生地を入れて焼き上げ、お皿に載せるところまでやってくれた。

まずまずおいしいお好み焼きができた。切らなかったキャベツが残ったことだけ反省。今回はそばだったが、うどんでも試してみたい。

子供たちが食事作りに協力してくれる機会が増え心強い。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる