食道裂孔ヘルニアとは、横隔膜から胃の一部が通り抜けてしまう病気で、胃の機能の一部がうまく働かなくなってしまい、逆流性食道炎などを引き起こしてしまいます。肥満などが原因となることもあり、ひどい場合は、手術も必要となってきます。食道裂孔ヘルニアについて、逆流性食道炎に触れながらまとた内容。

食道裂孔ヘルニアとは、横隔膜ヘルニアの種類の一つです。横隔膜とは、お腹の部分と胸の部分を分離させる薄い筋肉の膜のことで、横隔膜ヘルニアとは、その横隔膜に穴があいている病気をいいます。

横隔膜に穴があいているため、お腹にある臓器(胃、肝臓、小腸など)が胸のほうへ入りこんでしまい、胸が圧迫されてしまい、胸やけや前胸部の痛みなどの症状が出て、場合によっては呼吸などに異常が生じてきます。

横隔膜ヘルニアには、食道裂孔ヘルニア、ボックダレック孔ヘルニア、傍胸骨孔ヘルニアなどがあります。また、先天性のものと後天性のものがあり、ボックダレック孔ヘルニア、傍胸骨孔ヘルニアなどは先天性で、食道裂孔ヘルニアは先天性の場合と後天性の場合があります。その他、後天性の横隔膜ヘルニアには、怪我などの外傷によるものがあります。

食道裂孔ヘルニアの名称にある「食道裂孔」とは、横隔膜を食道が通り抜ける穴のことをいいます。この部分を胃の一部が胸の方へ通り抜けてはみ出ている状態を食道裂孔ヘルニアといいます。

胃の入り口部分がそのまま穴を通り抜けてしまう「滑脱型」、胃の一部が摘まれたように穴を通り抜けてしまう「傍食道型」、その両方が合わさった「混合型」があります。

胃の入り口近辺が横隔膜を通り抜け、横隔膜に挟まったような状態となるため、胃の入り口近辺の組織が正常に機能しなくなり、逆流性食道炎が生じやすくなります。

食道裂孔ヘルニアの簡単な説明動画がありましたので、参考としてご覧ください。