風の又三郎は宮沢賢治作、昔、本を買ってもらった事があったのだが挫折した。

最初の出だしの文章が強烈だ。この出だしの文章の意味は、物語の最後にようやく理解できる。でも何を言いたいのかはわからない。

物語が独特な印象がある。宮沢賢治がこの物語を書くに至ったプロセスの方が知りたい。