量質転化

量をこなすにつれて、質が上がっていく。
質が上がれば、量をこなせるようになっていくこと。

<例文>
なぜ読めば読むほど楽に、速く、正確になっていくかというと、本は知識で読んでいるものだからです。それゆえ、読書においては、知識の積み重ねがそのまま実質的な意味を持っており、量を重ねていくことで質的な変化を起こす…いわゆる量質転化が起きるのです。・・・大人のための読書の全技術(斎藤孝 著)

目次
閉じる