通奏低音

《〈イタリア〉basso continuo/〈ドイツ〉Generalbaßバロック音楽の演奏で、チェンバロなどの奏者が低音旋律和音を示す数字に基づいて即興的に和音を補いながら伴奏部を弾くこと。また、その低音部。数字付き低音。バッソコンティヌオゲネラルバス
常に底流としてある、考えや主張のたとえ。「平和への願いがこの本の通奏低音となっている」

<例文>
君も言っていたけれど、萌子さんは人間による開発の功罪と、それを揺り戻そうとする自然の力っていう対立に注目しているようだね。彼女の考えた通り、それは『親和力』に流れている通奏低音ではないでしょうか。・・・心(姜尚中 著)

目次
閉じる