1.語彙力こそが教養である。

「言葉は身の文」は話す言葉はその人の人格や品位までも表す、といいう意味だが適切な言葉を適切な場でどう使えるようにするのか、それは語彙力だと説きます。
斎藤孝さんが語彙力の鍛え方を指南した本。「語彙力が豊かになれば、見える世界が変わる」といいます。
思考は頭のなかで言葉を駆使して行われる。つまり何かについてじっくり考えて意思をもつためには、先にたくさんの言葉をインプットすることが必要不可欠。
語彙のインプットとアウトプットを繰り返す中で教養あふれる大人になることがこの本でもっとも伝えたいことだ。
要点は本の中の題目でわかりやすい。
本の中で気になったところをあげると以下。
・「語彙が足りない」とはどういう状況下?
①音で聞いたとき、漢字が浮かばない
②積極的に使うのが不安&間違えて使う
※理由は実際に使った回数が少ないこと、もうひとつは「言葉の由来をしらないこと」
③難易度が高い文章への拒否感
・語彙へのアンテナを高める方法
①便利な表現をNGワードにし、具体的な内容をキーワードに落とし込み、メモする習慣をつける。
②禁止ワードをほかの言葉に置き換える際、ポイントを3つあげる。
※ポイントだけで何かを説明するときのコツは、自分の主観や感想ではなく、ファクト(事実)ベースで挙げることである。答えを絞り込める具体的な情報を入れる。
・語彙力を鍛えるためにはインプットが基本
・仕事やスポーツと同じように、語彙にも「量が質に転化する」ポイントがある。
・言葉とシチュエーションをセットにしてざっくりイメージ化する。
・会話中の語彙は、スピードが命。厳密な定義に当てはめて時間をかけて言葉を厳選するのではなく、パッと「イメージ」に代入して素早くアウトプットする。
・読書を習慣化する生活を意識的に送ることは、毎日5キロ、10キロ走るようなものです。継続することで知的体力がじわじわとついていき、頭を使い続けてもあまり疲れなくなっていく。語彙が増えていくのと同時に「思考の底力」がつくのです。
・我々は、日本語という言語を使って思考する以上、思考もまた言語として表れることになります。どういう言葉を使い、どのような説明をして、どのような言い回しを用いるかには、その人の思考がそのまま表れる。
・気にいった作家の文章はすべて読み尽くす。
・語彙豊かなエッセイを読んで、「ものの見方」の角度もいただく。
・日々の生活が忙しいのは、私もよくわかりますが、インプットにかける時間は多少無理をしてでも確保してほしいところです。
・インプットは、読書はじめテレビや映画、インターネットまで幅広く。アウトプットは、実戦で使う「本番アウトプット」の前に、「練習アウトプット」として素読を中心に。

2.新・世の中を元気にする技術士を目指せ

勉強の仕方、解答の仕方、面接の受け方が分かれば誰でも合格できると説く。
2019年度からの技術士試験からの試験制度の見直し内容はもちろんのこと、業務経歴票の書き方、二次試験の受験申込書提出から心構え、勉強の仕方、合格論文の作成方法、口頭試験の準備内容等、技術者倫理について等、丁寧に説明されている。
私は試験申し込みの1週間前から申し込みを考え始めたのだったがそれでは遅すぎたと実感している。
まだ合格していない自分が推奨しても説得力はないが、技術士二次試験を受けるのであれば必読書ともいえる。
技術試験を勉強していく過程で何度も見返したい。

3.本物の思考力

日本では根拠なき常識が蔓延していると警鐘を鳴らす。
自身も日本の歴史や文化について十分なリテラシーがあるかと言えば自信がない。
リテラシーを高めるためには「数字やファクトをベースに自分の頭でしっかり腹落ちするまで考える」姿勢であるという。
そのためには訓練が必要で、例えばお手本となる思考を真似しながら、先人の思考プロセスを追体験して練習を重ねたり、他人と議論を重ねたりしながら考え、脳に負荷をかけ続ける必要がある。
日本礼賛ブーム、長時間労働問題、戦後日本の成長モデルや現代の日本経済、そして日本の教育についての考察等、非常にわかりやすく深い考察をもって解説している。
腹に落ちるまで考え抜くためには優れた他人の知識や思索、思考のプロセスなどを吸収したうえで、目の前の課題を自分の頭を使って考え抜き、自分の言葉で自分の意見として他人に伝えられること説く。
腹に落ちる考えとはその人の意見が相互に検証可能な数字・ファクト・ロジックに裏付けされていて、反論のしようがないときである。
そして問題を原点から見据えて、ラディカル(常識を捨て去って、物事を原点まで掘り下げた上で、本質的な解決を目指してロジックを構築していくこと)に解決策を導くためには、思索するための材料となる情報のインプットが必要で、「人・本・旅」がよいと紹介している。
人で言えば自分が真似をしたくなるようなロールモデルを見つけると、実地体験を通じて学べる。本であれば古典がおすすめ。旅は五感で多くのことを全体的に学べるという。
そしてインプットした情報は他社に伝える等アウトプットすることで頭が整理されるという。斎藤孝先生の本でもインプットとアウトプットが大事だと紹介していたが、出口さんの場合は起きた出来事や読んだ本のことについて周りの人にしゃべりまくっているとのこと。
そして人間はみんなアホであり、チョボチョボ(似たり寄ったり)であるから、怠け癖がつかないよう「仕組み化」することをお勧めしている。
例えば紙に自分が実現したいことをリビングに張り付けたり、記憶を定着させるためにブログを続けていくなど。
そして人はもっともっと、おもしろさを追求することに貪欲になったほうがいいという。
物事をありのままに認めること、自分の頭で考える事、自分の意見を述べること。それらに貪欲になればなるほど人生は豊かに面白くなっていく。設計図は自分でつくるつもりで何事も腹落ちするまで「なぜ?」「どうして?」とそもそも論を繰り返すとあとは自分の工夫ひとつでどのような仕事でも楽しくやり遂げるはずだとしている。
自分も身近なところから学ぶこと、そして読書を継続すること、ブログを書き続けること、一期一会を大事にすること、など、インプットとアウトプット、そしてラディカルに物事を考える訓練を日常的に習慣づけすることの大切さを学ばされる。