股肱(ここう)

《「股」はもも、「肱」はひじ。「股肱」で手足の意》主君の手足となって働く、最も頼りになる家来や部下。腹心。「股肱の臣」

<例文>
西郷の股肱には桐野利明がいる。桐野は中村半次郎時代に人斬り半次郎と恐れられた刺客である。・・・完本 文語文(山本夏彦 著)

目次
閉じる