<使用例>

 

「しゅうは」と書く。美人の涼しい目元。女性が男性の気を引くためにする媚びた目つき。

流し目、色目ともいう。

元々は中国語で、秋の澄み切った水の波を意味する。それが女性の涼しげな目元のたとえとなり、さらに男性の気を引くためにする色っぽい目つきの意味となった。

この色目を使うことを「秋波を送る」、というが、現在では性別、個人・団体を問わず媚を売る意味で用いられる。