流域対策

流域対策とは、総合的な治水対策の一環として、流域内に降った雨水を貯留したり、浸透させたりして、河川や下水道への流出を抑制する対策のことである。

流域対策として設置する施設には、防災調整池や貯留槽などの貯留施設と、浸透マス浸透トレンチ透水性舗装などの浸透施設がある。

目次
閉じる