1.材料の破壊形態(破壊の分類)
2.疲労破壊
3.強度評価の基礎式と安全率Sの導入