1 ずっと以前から。早くから。「彼は夙にその名を世に知られていた」
2 朝早く。

<例文>
「学問のすゝめ」は福沢諭吉の代表作としてつとに知られる。だが、その名は聞いていても、手にしたことがなかった。初めて読んだのは数年前。その新鮮さに驚かされた。・・・小さな人生論(藤尾秀昭著)