嚆矢(こうし)

1 《「嚆」は叫び呼ぶ意》かぶら矢。

2 《昔、中国で戦いを始めるとき、敵陣に向かって1を射たところから》物事のはじまり。最初。「二葉亭の『浮雲』をもって日本近代小説の嚆矢とする」

<例文>
笠の訛りはその生まれ故郷の訛りで、それですべてを押し通したのはかれを以て嚆矢とする。・・・完本 文語文(山本夏彦 著)

タイトルとURLをコピーしました