十把一絡げ

いろいろな種類のものを、区別なしにひとまとめにして扱うこと。また、一つ一つ取り上げるほどの価値がないものとしてひとまとめに扱うこと。「十把一絡げにして考える」

<例文>
会計時にレジ担当の従業員が「ポイント使用しますか?」と顧客に質問するケースは多い。しかし、顧客を十把一絡げにしてポイントの使用を促すのではなく、ポイント残高に応じて対応すべきである。・・・日経ビジネス2018.11.26

タイトルとURLをコピーしました