不言実行

あれこれ言わず、黙ってなすべきことを実行すること。▽「不言」は何も言わないこと。

<例文>
関東軍では、第一課高級参謀寺田雅雄大佐が、日中戦争をめぐって紛糾しつつある日英会談の処理に悪影響があってはならぬとして、事態の静観を主張したが、これに対して辻参謀は、ソ連の野望を封殺するためには、その初動の時期に痛撃を加えるのが最良の策である、またこうすることによって関東軍の伝統たる不言実行の決意を示すことができ、このことは日英会談の打開にも通じる、としてソ連・外モンゴル軍に対する攻撃を主張した。・・・失敗の本質(戸部良一他 著)

目次
閉じる