不即不離

二つのものが強く結びつきもせず、また離れもしない関係にあること。つかずはなれず。「不即不離の関係」

<例文>
「術」は「道」を伴って、はじめて役に立つ。どちらか一方だけでは成果を生み出すことはできない。「道」と「術」は不即不離なのだ。・・・頭の回転数を上げる45の方法(久保憂希也他 著)

タイトルとURLをコピーしました