ロバストデザインとは、製造ばらつきや使用環境による影響に対して影響を受けにくい頑健な設計を行うことである。
ロバストデザインは、自分で制御できる因子と制御できない、または制御しない方がよい因子に分類して制御因子の条件を求める。また設計の流れの中で製品のばらつきによる影響を検討するので瀬敬変更の可能性を拡大できることに特徴がある。誤差を制御したり補正したりするのは、製造に入ったあとの対応であるのに対し、ロバスト設計は製造前である設計段階でしかるべき手を打つという原則である。製造以降の対策コストや不良品排除のコストに比べれば桁違いに少なく、不要にしてしまおうというこのなので、二重の意味でコスト削減と期間短縮に寄与できる。