レーザー加工機とはレーザービームであらゆる素材に彫刻・切断・マーキングをする工作機械である。世界でただ一つのオリジナル商品が簡単に実現できる機械で、 大量生産する場合もデータ1つで作成が可能になる。

元々は、手作業で加工していたものをレーザー加工機を使用することにより大量生産、時間の効率化が可能になった。レーザー加工機は手作業に劣らないレベルの高さで、多くの方から支持を得ている。手作業では難しい細かな加工も短時間で可能になる。

現在はあらゆる業種に導入されている。「ものづくり」が注目されている昨今では若者をターゲットにしたレーザー加工機を備えたカフェがオープンした。カフェではオリジナルのiPhoneカバー、グリーティングカード、アクセサリーなどが作れるということで、幅広い層に人気がある。

<例文>
「ファブラボ鎌倉」3Dプリンターやレーザーカッターといった最新の製作機器が揃っていて、小学生から高齢者までが集まって、思うままにモノを作っていく。・・・日経ビジネス2019.01.07