ポンプ場の電気設備の維持管理(無停電源装置、直流電源装置)

停電が発生した後、非常用発電機による給電に切り替わるまでの間、設備の電源が消失する。

無停電電源装置、直流電源装置はそれを防ぐために受変電設備の切り替え、計装機器(水位計など)、中央監視制御装置及び遠方監視装置などに供給するために必要な装置である。

無停電電源装置の点検をするときは、メンテナンスバイパス給電に切り替え、商用電源を書く設備に供給することで、停電させることなく点検することが可能である。

通常状態において、運転状態がインバータ給電でなく、バイパス給電になってしまっていることがあると、停電時に蓄電池から電源が供給されなくなり、設備へ電源供給されなくなるため、安全管理上、巡回点検の時に確認することが必要である。

直流電源装置は、無停電電源装置におけるインバータ装置を除いた装置で、直流電源を各設備に供給するための装置である。

受変電設備の真空遮断器、断路器などの制御・投入電源や直流電源で駆動する一部の計装機器の電源に使用している。

目次
閉じる