センシング技術

<原理原則基礎技術>(業務概要または背景)

センシング技術とは、センサー(感知器)などを使用してさまざまな情報を計測・数値化する技術の総称である。

温度や音量、明るさ、衝撃の強さといった要素を定量的データとして収集し、応用する技術全般が含まれる。

センシング技術のうち、離れたところにある対象を、遠隔操作によって(接触することなく)感知して計測する技術を特にリモートセンシングという。リモートセンシング技術は宇宙・航空・地球化学といった分野において特に重要な技術として用いられている。

<課題(従来の問題点を解決するために設定する目的または目標)>
<解決手段>(課題を解決するあたっての困難な点(問題点)を解決する方法)
<成果および将来動向(成果およびそれを踏まえた将来の予想動向または更なる課題)>
目次
閉じる