お七夜

供が生まれてから7日目の夜をお七夜と言います。お七夜には,その日までに考えておいた名前を子供に命名し、家族やお世話になった方たちで祝い膳を囲んでお祝いするならわしがあります。かつてはこの行事も、父方の祖父が主催して親類や嫁の実家を招いて行われていましたが、このならわしが現代にもふさわしいとは思えません。もし、お七夜のお祝いを行うのなら、やはり生まれた子供の直接の育児責任者である父母が主催するべきでしょう。

実際には、7日目というと母子が退院したばかりのころ。大勢の方を招いてもてなすのは無理があり、母子の健康上、好ましくありません。子供の誕生に夫婦ふたりで祝杯をあげるか、せいぜい、それぞれの親を招いて内々で祝う程度に控えましょう。日取りも7日目にこだわる必要はなく、落ち着いたころを見計らって行うのが賢明です。もし、ある程度の人数を招く必要がある場合は、母子に負担を与えないよう、もう少し日にちが経ってからお披露目するほうがいいでしょう。

ちなみに、祝ってあげる立場の場合は,お七夜のころを目安に郵送や託送でお祝いを贈るのが妥当です。

<例文>
「お七夜といって、生まれて七日目にお祝いをする。子供の名を加味に書いて飾る」・・・雪の鉄樹(遠田潤子著)

タイトルとURLをコピーしました