日常的なこと

日常的なこと

豚汁

今日は休日出勤。本日中にやりたいことはできなかったが、睡眠不足の中、まずまず進捗させることができたと感じている。本当は明後日も仕事に行きたいがそれはこれからの嫁さんとの交渉。 帰宅してから、完全に外食モードになっていたので、夕食は自分...
日常的なこと

朝方の苦悩

朝5時くらいだろうか。別の部屋で寝ていた長女がお気に入りの人形と一緒にベッドに潜り込んできた。 少し覚醒気味の状態だったので、完全に眠りを覚まさせられたというわけではないのだが、その後、狭いベッドで暑苦しく2人で寝たため当然、寝不足気...
日常的なこと

良い習慣は才能を超える

佐々木常夫さんの「上司の心得」を頭に叩き込みたいと思っている。 よい本はたくさんあるが、ビジネスマンとして佐々木さんの考えは仕事に対して真っすぐで言葉がストレートに心へ響く。 社会人が最初に学ばなければならないことは何か。それは...
日常的なこと

心や道理には老少はない

身には老少有れども、而(しか)も心には老少無し。気には老少有れども、而も理には老少無し。須らく能く老少無き心を執りて、以て老少無きの理を体すべし。 佐藤一斎の言志耋録の第283条にある言葉である。 人間には年寄りと少年の別はあっ...
日常的なこと

追われる日々

昨日と打って変わって今日はとても調子がよい日だった。 仕事は溜まっているのだが、早めに帰宅する約束を嫁さんとしていたので少し早めに帰宅。 帰宅すると誰もおらず、置いてあったライスグラタンを食べるためトーストで温めているとは次男、...
タイトルとURLをコピーしました