今日、単身赴任して初めて、睡眠薬を処方してもらうために病院を訪れた。

これまで服用してきたフルニトラゼパム錠をもらうためだけで特に何の考えもなく診療を受けたのだが、一発目からこの薬は飲むべきではない。あなたは依存症になっていると指摘され、服用の継続をやめるよう忠告を受けた。

 

ただ依存症に陥っているはずなので簡単にやめられるはずはないとのことで、当面はベルソムラというオレキシン受容体拮抗薬と併用して飲むよう指示された。

 

睡眠不足による日常への影響を説明したつもりだが、先生は聞き入れず、とにかくそこまで睡眠に執着すること自体が誤っている、という点を少し説教じみた感じに説明された。

 

フルニトラゼパム錠を飲んでから2年程たつが、そこまで問題がある薬だとは認識していなかった。確かにアメリカでは服用を禁止されているくらいの薬であることは知っていたが、正直、これまで睡眠を取る上では助かっていたと思っていたので少し困惑した。

 

確かに依存はよくない。本来、睡眠薬は飲まなくてもよい程度の状況だと言われる。自分としては睡眠不足だと業務に支障がでるし、心が暗い気持ちになり、他者とコミュニケーションがうまくとれないと感じているのだが、先生は睡眠に対する執着があるから睡眠に支障をきたすという考えのようだ。

 

一理はあると思うが、だとしてもそもそも睡眠不足でなければさわやかな気分になるし、1日、充実した日を過ごせる。もちろん、仕事や家庭でいやなことはあることは日常的にあるが、睡眠不足であればその根底で1日中ブルーになるという感じなのだ。

 

だが先生はそのくらいの内容であれば具体的でなく何の支障もない、気にしすぎている、と指摘された。

 

確かに気にしすぎている点は否定しない。そしてそれだけよくない薬なのだろう。

 

先生がこの薬を辞めさせる、と強く主張するくらいなのだから自分もやめる方向で考えてみる。

 

突然やめるとよくないということなのだから、一体どんな症状になるのかお盆休みの間、服用を止めるなどして検討してみたい。

 

なにせ睡眠状況はfitbitである程度は把握できるわけだから、自分を実験台だと思えばよい。

 

新しい睡眠薬の適用状況を確認するため、1週間後に診察を受けにいかなければならなくなった。ベルソムラは飲んだことがあるのだが。

 

今日はむりやり時間給をとって早めに帰宅し、病院の診察を受けたがある意味刺激的な先生との出会いである。

 

睡眠薬とうまく付き合うこともよしと考えていたが、服用していた薬はよくないようだ。

 

アルコールとの併用もよくないらしいし。

 

 

先に寮で食事をして、残りの仕事を片付けよう。