昨日は2人の後輩らと久々に飲みに行った。

2件、居酒屋で飲んだ後、終電近くであったが1人の後輩がもう1件、行きたいところがあると言うので行くことに。

チーズの薄切り、生ハムがおいしいバーで、お酒もおいしい。

飲み始めたらあっという間に終電を過ぎてしまったのでじっくり飲むことに。

その後輩はうつ病を患い、休業中である。

本人とじっくり話をしたかったので、色々、話はできた。

仕事や恋愛など複合的な要因でうつになった。だが本人もなぜうつになったのか、正確にわからない。

一度、休業してしまうと中々、職場に復帰するのが困難だ。

1日でも職場に来てみたら、と声をかけるものの躊躇してしまい、出社するという結論が自分の中で腑に落ちないようだ。

出社は強制ではなく、本人の意思で能動的に判断されなければならない。

ただ自分の長い人生の中でこのまま休業を続けることが、本人にとってどうなのか。

彼が職場に復帰したとき、なんの抵抗もなく出社できるような環境を整えてあげたい。

彼にしてあげられることが何なのか。考えさせられる。

周りからはただ甘えているだけだろ、と思われているふしもある。

結局、朝方まで飲み、始発の電車を少し待ってから帰宅。

そして9時、長女に起こされたのだが睡眠不足で頭がガンガンする。

長男も次男も塾で送りがあったのでそれは嫁さんが対応し、長女は保育園に連れて行った。

その後、3時間ほど眠り、ようやく頭が少しすっきり。だがまだ頭は働かない。

ごちゃごちゃになった部屋を片付け、掃除、洗濯、食器洗いを済ませ、長男、次男の塾のお迎えに行き、帰宅。

そして長男と自習室へ。

今日は朝食も昼食もとっていない。缶コーヒーを飲むと少しずつ頭が冴え始めた。

飲むと二日酔い、睡眠不足で次の日に必ず後悔する。嫁さんにも迷惑をかけた。

深酒はやめようと思う。

だがうつの後輩と会い、話ができたことはよかったと思っている。

一緒に飲んだもう1人の後輩はここ最近、成長著しく、部内でも頼もしい存在になってきている。

2人の後輩が共に成長してほしいと願う。