今日はなんとしても終わらさなければならない業務が目白押しだったので、時間単位で優先順位を決め、やることを決めていた。

今朝は目覚めもよく、ゴミ出し、食事、そして子供たちを起こし、7時にスーパーの開店と共になくなっていた牛乳を買いに行った。

戻ってすぐに出社。

まず送らなければならない荷物の段取りや連絡調整。そして案件の対応や来週の現場の安全対策打ち合わせ、資料作成等。

昼休み中も受注に向けた積算や案件対応に追われ、そして3時からは打ち合わせ。

品質保証の方から振動や騒音に関する技術的な情報をいただく機会を得た。

そして5時以降も案件対応、クレーム資料作成等々。

こうして見るとやはり業務ではなく作業に時間を費やしている。

相手との信頼関係を得るため優先順位を決め、自分なりに対応しているが付加価値のある仕事ができているか、と改めて考えさせられる。

10時過ぎに会社を出る際、エレベータで同期と出くわす。

彼も忙しいようだ。現場を飛び回っている。

彼の話を聞いて刺激を受けた。

働く職場は異なるがガッツを入れなければならない。付加価値のあり生産性の高く、従業員がやりがいを感じられ、収益を上げて社会貢献できる会社として貢献し、そしてその中で技術者としての生きがいを示すのか。

実直に実行し、成果を出せるようにしなければならない。

当たり前のことを淡々と、そして賢く周囲を巻き込み、前に進めることができる人間でありたい。