今日は午後から長女とスケート場に向かった。

スケートをするのは何年ぶりだろうか。

恐らく自分が小学生以来。30年ぶりくらいか…もちろん4才の長女は初めて。

スケート靴を履く感触が懐かしい。長女と足をブルブル震えさせながら滑り始める…

慣れるまで時間がかかったが長女はやる気満々。パパに文句を垂れながら注意をし始め、最後の方にはパパにコーチングするようになってきた。長女は積極的だ。

~して!~だからダメなんだ。~するんよ。

それにしてもスケートリンク場で滑る子供達の笑顔はとても素晴らしい。

スケート場はどの世代の子供達、親達も笑顔が映える。

今度は次男も連れて行こう。