今日は休日出勤。今朝はよく眠れたのでよい目覚め。

ブログを更新しようとパソコンを立ち上げてすぐ、長女が目を覚ましてパパがいる書斎へ…

最近、長女は早起きだ。しかたなくパソコンをやめて一緒に朝食。

今日は休日出勤しなければならない日だったので朝食後すぐに出社。

仕事をしていると次々と部内メンバーが出社してくる。うちの部だけで計6名だ。

しなければならない仕事はたくさんあるが、価値があるかどうかと言われたらNoと言わざるをえない仕事も多い。

最近は無理してまで残業はしていないつもりであるが、それでもまだ、時間をかけている業務は多い。

やり方や内容に無駄が多いと感じる仕事が多すぎる。

少なくとも部門の業務をもっと総合的に理解、把握していく必要がある。何がネックになって何が制約になっているのか、そしてなぜ、判断できないのか。

近年は情報の波にのまれて一方、企業の仕組みは複雑になり、内部統制も複雑になり、より正確に情報を渡し、伝達し、共有するための業務が増えている。

このため顧客に価値を提供するための仕事を進めるにあたって深く考える時間が少なくなっていると感じる。

午後以降、頭がさえなくなっていると感じた矢先、嫁さんから早く帰ってきてほしいの連絡が。

仕事は最低限のことは済ませたので、すぐ家に帰り、まず長女を病院に連れて行きインフルエンザの予防接種。

続いて次男がダニにかまれたという布団をコインランドリーに持っていき洗濯。

家に帰ると嫁さんはスーパーへお出かけしていた。

家では長男がリビングで勉強しているのだが次男、長女に何かとちょっかいをかけ喧嘩してばかりで勉強に身が入っていない…どのような経緯で諍いが始まったのかわからないが、長男が次男や長女にからかうのを制して叱った。

嫁さんが家に帰ると、勉強をちゃんと予定どおりしない長男に対して激怒…

長男が期限を損ねるので話を聞くと長男の気持ちもわからなくもないので、これ以上、不穏な雰囲気にはしたくないのでなだめ、気持ちを勉強に向かわす。

嫁さんは疲れて夕飯前なのでリビングで寝始める…

そして夕飯の時間、次男、長女と一緒に餃子づくり。いつも餃子のお肉を皮で包んでくれるところまでは手伝ってくれるのだが、今日は次男が餃子を焼くところまで手伝ってくれた。

一緒にやってみたのだが、意外に水をいれる量や焼く時間など焼き加減が難しい。

餃子が水っぽいと長男に言われたので次男と一緒に何度かやりかたを変え、工夫してみると上手にできた。

当たり前かもしれないが、水を入れた後は弱火でじっくり焼いた方がよさそうだ。

長女はお昼寝時間が短かったのかお風呂を上がったあたりから、ずっと抱っこをねだったり歯磨きをしなかったり…眠たかったのだろう。布団で寝かせると今日はすぐに寝た。

長男の勉強の進捗具合で嫁さんの機嫌がかなり変わるのだが、子供3人で休日、嫁さん1人はしんどいだろう。

来年は特にエッセンシャル思考、すなわち「より少なく、しかしよりよく」を実践できるようにしていきたい。