今年の春、突然、パソコンが起動しなくなった。起動する以前に画面が移らない。

購入した家電量販店に行くとどうしようもないと言われた。

パソコンの中にはバックアップを取っていなかった貴重な画像、動画データがあったので是が非でも取り出したかった。

結局、別の家電量販店でデータ取り出しサービスがあり、高額であったが貴重なデータを取り出すことができた。

この経験からバックアップの重要性を痛感させられ、今ではハードディスクを2台用意し、バックアップのバックアップといった感じでデータを守っている。

現在は壊れたパソコンよりもっと古くから使用していたsurfaceを使っているのだが、起動が早い。

壊れてしまったパソコンは起動するのに時間がかかり、イライラしてしまう。

家電量販店に次に買うとした場合、どのようなパソコンがよいか相談したところ、起動時間の違いがハードディスクとSSDの違いによるものだと教えてもらった。

SSDはハードディスクのように動作するメモリー装置のことで、記憶媒体にフラッシュメモリーを使用し、ハードディスクと同じ外観、インターフェースを持ち、ハードディスクの代わりにそのまま使用できるようだ。

モーターやヘッドのような機械的な可動部品がないため、消費電力が低く、軽量・高速。また、耐衝撃性にも優れる。

ただし、現在のところハードディスクに比べると容量あたりの単価が高く、大容量のモデルも登場していない。ノートパソコンでハードディスクの代わりに使用されるケースが増えているようだ。

個人的には大容量は必要とせず、基本、ハードディスクに外付けすればよいので容量は小さくてもSSDの方がよいと思った。

SSDはもし壊れた場合、データの復旧が難しいというので、初めからデータは外付けのハードディスクに保存すればよい。

SSDが使われているどのパソコンがいいのか選んでいないが、次、購入する機会があればそうしたい。 

とにかく貴重なデータを持っている方にはバックアップを取ることをぜひ、推奨したい。