とっとパーク小島で釣り

日常的なこと
アーカイブ

昨日、今日と連休を取って次男と昨日は和歌山方面でボーリングや室内球技をして楽しみ、今日はとっとパーク小島で釣りをして家に戻った。

長男とはよく2人で車中泊をしたり民宿に泊まったりして一時期、一緒に釣りにはまった時期があったのだが、次男とはあまりマンツーで出掛けられる機会も少なく、長男は塾用事もあったため今回は次男とマンツーで出掛けた。

ボーリングも次男にとっては久々。力がついたのでそろそろ投げれるかなっと思ったが、やはり手首や指の力が足りず、投げ方はまだまだだが、それでも今回はガーター止めを使うこともなく、一緒に計6ゲーム近く遊んだ。そして卓球やバトミントン、トランポリン等、普段できないスポーツも楽しみ、昨日は夜、和歌山でラーメンを食べてその後、釣り具屋に寄ってからとっとパークへ直行。

とっとパークは以前から初心者からベテランまで楽しめるお手頃な釣り公園との印象を持っていたのだが、行く機会がなかったのでようやくその機を得たというところ。自分も釣りは昨年もほとんど行けなかったことから楽しみにしていた。

狙いはヒラメ。釣ったことがない魚であるが、アジやイワシからなんとか飲ませ釣りで陸から仕留めたいロマンの魚。とっとパーク小島は道の駅にもなってり、前日から入って車中泊できる情報を得ていたので昨日中に道の駅に駐車。

そして次の朝3時過ぎに起こされ整理番号札を渡され、もう一休み。そして6時入場。次男と気合を入れて先端まで行ってのませ釣り用エサ確保のためサビキ釣り開始。

が中々釣れない。アジが釣れなければ飲ませ釣りはできない。周りも釣れていないようだ。周りのベテランはかご釣りで真鯛などを狙っている人もいてとても真似しようと思う気がわかない。

半ばあきらめかけていた矢先、先端ではなく中央付近でアジやイワシが釣れている状況を確認。迷ったが時間もないのでそちらへ移動。そして次男と一緒にサビキで何匹かイワシをゲット。

しかしブクブクセット(エアポンプ)を用意していなかったので、水組みバケツに入れたイワシは元気がなくなってくる。釣れるイワシが結構大きいので食べることとし、とりあえずイワシ釣りに専念。その後、次男の手伝いに専念し、右往左往していると時合が終了。しかしサビキでポツポツとであるがアジが釣れるようになってきた。

何匹かアジを釣れると念願の飲ませ釣り仕掛けをアジをつけてチャレンジ。しかし次男はだんだん飽きてきて早く帰りたいと言い始めた。少しだけ、っと言ってもたものの朝6時から釣りを初めて6時間経過しており、潮時かと思い、断念することに。

夜はイワシとアジをさばいてフライに。次男もこの連休、楽しんでくれたようでよい休日であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました